本ウェブサイトは、医療専門家や食品業界関係者を対象とし、プロバイオティクス株に関する一般的な情報提供および教育を目的としています。

プロバイオティクスは、気道の不快感に伴う経済的負担の削減に役立つ可能性があります

免疫サポート 健康にかかるコスト BB-12™ LGG™
6 分間で読み終わる記事

研究により、プロバイオティクスの摂取によって気道の不快感に関わる費用を削減できる可能性があることが示唆されています。 1 米国だけでも、プロバイオティクスの摂取と年間5,400万日以上の欠勤日数減少との関連性がみられました。 1

豆知識

気道の不快状態による平均欠勤日数は1.7 日です。 2

気道の不快状態は一般的なものですが、家族や社会の経済的負担になる場合があります 

気道の不快感は一般的なものです。 米国だけでも、毎年3,300万人が気道の不快感を経験していると推定されます。3
入院にまで至らなくても、気道の不快感は、医療機関の受診や治療薬の購入、職場の生産性低下など、家族や社会、経済の負担になっている可能性があります。4

プロバイオティクスは気道の健康をサポートする可能性があります

研究により、プロバイオティクスが気道の不快感の発生数減少に役立つことが示唆されています。5,6 具体的には、複数の臨床試験により、ラクトバチルス・ラムノサス, LGGビフィズス菌, BB-12 プロバイオティクス株(以後、商標であるLGGおよびBB-12と表記します)が気道の不快感の発生数を減らしたり期間を短縮するなどの呼吸器系の健康に有益である可能性が示されました。7,8,9,10
 

To view this content, consent for functional cookies needs to be given. Click this text to open the consent form.

LGGおよびBB-12 株は、 気道の不快感の低減に役立つと考えられます

子供を対象とした臨床研究では、LGGを毎日摂取することと以下の関連性が示されました: 

  • 上気道の不快感の減少9
  • 3日以上続く気道不快感の減少8, 9
  • 体調不良期間の短縮9
  • 2日以上続く消化器系の不調の減少8

プラセボグループと比較して、LGG を補助的に摂取した子どもたちは、保育園を休む日数が有意に少なくなりました。9LGG とプロバイオティクスと呼吸器系の健康についてご覧ください。
成人でも同様の結果がみられました。7LGGとBB-12プロバイオティクスを併用して12週間摂取した健康な大学生では、気道の不快感を感じた日数が33%減少し、 プラセボを摂取したグループよりも体調不良が減少しました。7BB-12 プロバイオティクスによる免疫力サポートの詳細をご覧ください。

プロバイオティクスは、気道の不快感に伴う経済的負担の削減に役立つ可能性があります

2019年の研究では、プロバイオティクスの摂取が気道の不快感に伴う費用削減に役立つ可能性が示唆されました。15年間に及ぶ医療経済学研究において、米国だけでも、プロバイオティクスの摂取と年間5,400万日以上の欠勤日数減少との関連性が示されました。1この研究では、毎年の医療機関受診数が減少することが示唆されています。1

プロバイオティクスは健康と経済に有益である可能性があります

ここで取り上げた研究では、   プロバイオティクスによって気道の不快感を減らすことが、関連する経済的費用の削減につながることが示唆されています。 したがって、プロバイオティクスを補助的に摂取することは、健康に有益であるだけでなく7, 8, 9, 10気道の不快状態による家族や経済、社会への負担の削減に役立つと考えられます。1

プロバイオティクスによる免疫力サポートに関する詳細は医療専門家に相談してください。
 

LGGおよび BB-12は、クリスチャン・ ハンセンA/Sの商標です。

文献は、プロバイオティクスに関する情報提供を目的としたものであり、文献内で言及したいずれの事項も何らかの疾患の診断、治癒、緩和、治療または予防を意図していることを示唆するものではありません。

 
健康経済とプロバイオティクスについて語る自転車の男性
ラクトバチルス・ラムノサス, LGG™

ラクトバチルス・ラムノサス, LGGは世界で最も論文化されたプロバイオティクスです。 LGG 株は、消化器系、免疫系、口腔系など、あらゆる年齢やさまざまな健康分野において有益であることが示されています。

LGG はクリスチャン・ ハンセンの商標です

ビフィドバクテリウム , BB-12 ™ 

プロバイオティクス株Bifidobacterium, BB-12は世界で最も論文化されたプロバイオティクスのビフィズス菌です。 広範囲にわたって研究されており、さまざまな健康分野に利益をもたらしてきました。

BB-12はクリスチャン・ ハンセンの商標です

引用文献

  1. Lenoir-Wijnkoop I, et al. Front Pharmacol. 2019;10(980).(PubMed)
  2. Palmer LA, et al. Vaccine. 2010;28(31):5049-56.(PubMed)
  3. Biggerstaff M, et al. Am J Epidemiol. 2018;187(5):1040-50.(PubMed)
  4. Putri W, et al. Vaccine. 2018;36(27):3960-6.(PubMed)
  5. King S, et al. Br J Nutr. 2014;112(1):41-54.(PubMed)
  6. Hao Q, et al. Cochrane Database Syst Rev. 2015(2):Cd006895.(PubMed)
  7. Smith TJ, et al. Br J Nutr. 2013;109(11):1999-2007.(PubMed)
  8. Hojsak I, et al. Pediatrics. 2010;125(5):e1171-7.(PubMed)
  9. Hojsak I, et al. Clin Nutr. 2010;29(3):312-6.(PubMed)
  10. Rautava S, et al. Br J Nutr. 2009;101(11):1722-6.(PubMed)

プロバイオティクス
とは何か?

「プロバイオティクスとは何か」
「健康との関連」についての詳細は
こちらをご覧ください

  製品を買うときに      注意すべきこと

高品質のプロバイオティクス製品を
選択する方法に関する重要なヒントは
こちらをご覧ください

クリスチャン・ハンセンのプロバイオティクス

世界で最も研究されているプロバイオティクスとその多様な健康上の利益についてはこちらをご覧ください

宛先: