本ウェブサイトは、医療専門家や食品業界関係者を対象とし、プロバイオティクス株に関する一般的な情報提供および教育を目的としています。

UREX™ は泌尿生殖器の健康をサポートすると考えられています

- ラクトバチルス・ラムノサス, GR-1™ & ラクトバチルス・ロイテリ, RC-14™

クリスチャン・ ハンセンのプロバイオティクス UREX™
6 分間で読み終わる記事

UREXプロバイオティクスブレンド(以降、商標であるUREXと表記します)は、2つのプロバイオティクス株を組み合わせたものです。 さまざまな研究により、この組み合わせが女性の泌尿生殖器の健康な細菌環境を整えることが示唆されています。1,2,3,4,5,6,7,8,9,10 

プロバイオティクスのコンビネーション

UREXは、(ラクトバチルス・ラムノサス, GR-1ラクトバチルス・ロイテリ, RC-14、以降、商標であるGR-1とRC-14と表記します)を組み合わせたものです。 これらの菌株は2004年から、女性用栄養補助食品の成分として世界中で使用されています。  
 
豆知識

UREX は女性の泌尿生殖器の健康に役立つとされています  

多様な研究報告

2001年より、GR-1およびRC-14株は、併せて130報以上の論文に記載されています(ランダム化、二重盲検、プラセボ対照研究、レビュー、動物や細胞を用いた実験室で行われた研究の発表を含みます)。そのうち25報以上はヒトを対象とした研究です。

この2つの株の影響について、10代の女性、2,6,7閉経後の女性、3, 11妊婦9、免疫に問題がある女性を対象として最長で12ヶ月間に及ぶ調査が行われましたが、12安全性に問題はありませんでした。この2つの菌株を摂取することが、泌尿生殖系の健康に役立つと考えられます。1,2,3,4,5,6,7,8,9,10

世界で最も
論文化された
プロバイオティクス
ブレンド
論文数
報以上の
臨床研究論文
アクティブな女性のためのUREXプロバイオティクスブレンド

重要な科学的研究により、UREXプロバイオティクスブレンドが女性の泌尿器系の健康に役立つことが示されています

 

泌尿器系の健康

泌尿器系の健康をサポートするUREX は泌尿器系の不快感の発生低減に関与しています。8

 

おりものと酵母

ランダム化二重盲検プラセボ対照試験で、標準的な医療行為とUREXを組み合わせた場合、標準的な医療行為とプラセボを組み合わせた場合と比較して、おりものの減少および酵母の過剰増殖の抑制がみられました。

 

膣内の状態

膣内の細菌状態を調査する研究において, UREX (単独での使用または標準的な医療行為との併用)はプラセボ(単独での使用または同じ標準的な医療行為との併用)よりも有益であることが示されました。2,3,4,6,7,10

 

健康な膣環境

UREX を補助的に摂取することが、膣内の細菌の健康的なバランス維持4,13,14 と、膣内の健康的な酸性度の維持に役立ちます。6,12 
UREX プロバイオティクスブレンドは、妊娠中の女性の膣内の有害な細菌数を減らすことに役立ちます。9

女性の健康とUREXプロバイオティクスブレンド

安全性

GR-1™およびRC-14™株はアメリカ食品医薬品局(FDA)に新規栄養成分の申請を行い承認されました。15「種」としては、欧州食品安全機関(EFSA)による「安全性適格推定」リストに掲載されています。1

GR-1™、RC-14™、UREX™は、クリスチャン・ ハンセンA/Sの商標です。

文献は、プロバイオティクスに関する情報提供を目的としたものであり、文献内で言及したいずれの事項も何らかの疾患の診断、治癒、緩和、治療または予防を意図していることを示唆するものではありません。
 
クリスチャン・ ハンセンのプロバイオティクス

クリスチャン・ ハンセンの菌株は科学的に裏付けられています。 クリスチャン・ハンセンのすべてのプロバイオティクス株は臨床論文によって裏付けられています。 さまざまな健康分野にクリスチャン・ハンセンの菌株が及ぼす有益な影響について詳しくご覧ください。

引用文献

  1. Martinez RC, et al. Lett Appl Microbiol. 2009;48(3):269-74. (PubMed)
  2. Anukam K, et al.Microbes Infect. 2006;8(6):1450-4. (PubMed)
  3. Petricevic L, et al. Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol. 2008;141(1):54-7. (PubMed)
  4. Reid G, et alFEMS Immunol Med Microbiol. 2003;35(2):131-4. (PubMed)
  5. Macklaim JM, et alMicrob Ecol Health Dis. 2015;26:27799.(PubMed)
  6. Martinez RC, et al. Can J Microbiol. 2009;55(2):133-8. (PubMed)
  7. Vujic G, et alEur J Obstet Gynecol Reprod Biol. 2013;168(1):75-9. (PubMed)
  8. Beerepoot MA, et al.Arch Intern Med. 2012;172(9):704-12. (PubMed)
  9. Ho M, et al.Taiwan J Obstet Gynecol. 2016;55(4):515-8. (PubMed)
  10. Anukam KC, et alMicrobes Infect. 2006;8(12-13):2772-6. (PubMed)
  11. Bisanz JE, et al. PLoS One. 2014;9(8):e104511. (PubMed)
  12. Hummelen R, et al.Int J Gynaecol Obstet. 2010;111(3):245-8. (PubMed)
  13. Cianci A, et alMinerva Ginecol. 2008;60(5):369-76. (PubMed)
  14. Reid G, et al.FEMS Immunol Med Microbiol. 2001;32(1):37-41. (PubMed)
  15. GR-1® and RC-14® were filed under NDIN 488 by the US FDA on March 3, 2008.
  16. EFSA Panel on Biological Hazards, et alEFSA Journal. 2018;16(1):e05131.

プロバイオティクス
とは何か?

「プロバイオティクスとは何か」
「健康との関連」についての詳細は
こちらをご覧ください

  製品を買うときに      注意すべきこと

高品質のプロバイオティクス製品を
選択する方法に関する重要なヒントは
こちらをご覧ください

クリスチャン・ハンセンのプロバイオティクス

世界で最も研究されているプロバイオティクスとその多様な健康上の利益についてはこちらをご覧ください

宛先: