本ウェブサイトは、医療専門家や食品業界関係者を対象とし、プロバイオティクス株に関する一般的な情報提供および教育を目的としています。

赤ちゃんが早産で生まれた場合

 - 腸内細菌のバランスが崩れている可能性があります

乳児の健康 早産児 BB-12™ TH-4™ B. infantis
4 分間で読み終わる記事

早産の場合は、腸内細菌のバランスが崩れやすいため、健康に影響を及ぼす可能性があります。 1,2,3 いくつかの研究では、 3 つのプロバイオティクス株を特別にブレンドすることによって腸内細菌のバランスを保ち、赤ちゃんの免疫と消化器系の健康に有益であることが示されています。 4,5  

豆知識

毎年、世界で約240万人の赤ちゃんが、出産予定日の少なくとも2ヵ月前に生まれています。6 

腸内細菌のバランスが健康に影響を与える可能性があります 

早産児の5%は腸に影響を及ぼす状態を経験することがあります。 8 これは、早産児が腸内細菌のバランスが取れていない可能性が高く、消化器系に影響を与える状態になり易いためです。 3

 

ESPGHAN(欧州小児消化器肝臓栄養学会)は、早産児の免疫系と消化器系の健康にプロバイオティクスの特別なブレンドを推奨しています

研究により、プロバイオティクスの特別なブレンドが早産児の免疫系と消化器系の健康に役立つ可能性が示されています。4,5 このブレンドは、 ビフィズス菌, BB-12サーモフィルス菌, TH-4(以後、商標であるBB-12、TH-4と表記します)および ビフィオバクテリアム・インファンティス (DSM 33361) の3つのプロバイオティクス株を特別に組み合わせたものです。 国際的な組織である ESPGHAN (小児科医、研究者、科学者で構成される)は、この特別なブレンドを早産児の健康をサポートするために使用することを推奨しています。 9

 
早産児とプロバイオティクスサプリメント

厳密な生産プロセス管理と高品質な製品製造

クリスチャン・ ハンセンでは最も厳密な生産プロセスを導入しています。 規定のプロセスにさらに多くの要件を追加することによって、赤ちゃんのために最高品質の安全な製品を提供しています。 クリスチャン・ ハンセンでは、汚染物質の検査を強化し、環境モニタリングと製造前後の清掃に、より厳しい要件を課しています。 さらに、製品は使い捨ての密封パッケージで梱包されているため、複数回使用する容器と比べて汚染が抑えられています。
 
豆知識

さまざまな種類の腸内の細菌は、集合的に腸内細菌叢と呼ばれています。各種細菌の必要量は、生涯を通じて変化していきます。7 

赤ちゃんのプロバイオティクス摂取については、医療専門家に相談してください

赤ちゃんが早産で生まれた場合、プロバイオティクスがどのように赤ちゃんの健康をサポートするかについては、医療専門家に相談してください。 3つのプロバイオティクス株、BB-12、TH-4ビフィドバクテリウム・インファンティス(DSM 33361)のブレンドは、腸内細菌のバランスを整え、早産児の健康をサポートします。

プロバイオティクスが帝王切開で生まれた赤ちゃんの健康 や、ひどい夜泣きやぐずりにどのように役立つかについてご覧ください。

BB-12および TH-4はクリスチャン・ ハンセンA/Sの商標です。

文献は、プロバイオティクスに関する情報提供を目的としたものであり、文献内で言及したいずれの事項も何らかの疾患の診断、治癒、緩和、治療または予防を意図していることを示唆するものではありません。

 
 
ビフィドバクテリウム , BB-12 ™ 

プロバイオティクス株Bifidobacterium, BB-12は世界で最も論文化されたプロバイオティクスのビフィズス菌です。 広範囲にわたって研究されており、さまざまな健康分野に利益をもたらしてきました。

BB-12はクリスチャン・ ハンセンの商標です

引用文献

  1. Cotten CM, et al. J Perinatol. 2005;25(10):650-5. (PubMed)
  2. Alganabi M, et al. F1000Res. 2019;8. (PubMed)
  3. Unger S, et al. Pediatr Res. 2015;77(1-2):205-13. (PubMed)
  4. Jacobs SE, et al. Pediatrics. 2013;132(6):1055-62. (PubMed)
  5. Bin-Nun A, et al. J Pediatr. 2005;147(2):192-6. (PubMed)
  6. Chawanpaiboon S, et al. The Lancet Global Health. 2019;7(1):e37-e46. (PubMed)
  7. Rodríguez JM, et al. Microb Ecol Health Dis. 2015;26:26050-. (PubMed)
  8. Neu J, Walker WA. N Engl J Med. 2011;364(3):255-64. (PubMed)
  9. van den Akker CHP, et al. J Pediatr Gastroenterol Nutr. 2020;70(5):664-80. (PubMed)

プロバイオティクス
とは何か?

「プロバイオティクスとは何か」
「健康との関連」についての詳細は
こちらをご覧ください

  製品を買うときに      注意すべきこと

高品質のプロバイオティクス製品を
選択する方法に関する重要なヒントは
こちらをご覧ください

クリスチャン・ハンセンのプロバイオティクス

世界で最も研究されているプロバイオティクスとその多様な健康上の利益についてはこちらをご覧ください

宛先: